畳ベッドとは

畳ベッドというのは、ベットのマットレスの部分に畳を敷いたものです。本来であればベッドは、木で作った枠にマットレスと呼ばれるものを置いた寝具です。欧米生まれであるベッドと日本の伝統文化ともいえる畳をコラボレーションしたものです。
畳ベッドには畳の利点もベッドの利点もどちらも一度に体感することが出来る大変便利なアイテムということが出来ますね。

ベッドの利点

はじめにベッドの利点を考えてみたいと思います。ベッドにはいくつかの利点が存在します。1つ目の利点としては、高い位置で寝ることが出来るということです。通常のベッドであれば足がついていますので、高さこそベッドによって様々ですが、必ず床よりも高い位置で寝ることが可能となっています。そして、床よりも高い位置で寝るということは、冬は床で寝るよりも暖かく、夏は逆に風通しがよく涼しいという効果があります。
さらに2つ目の利点としては、収納場所が増えるということです。ベッドを置いてしまうとスペースがある程度占領されてしまうということがときに欠点としてあげられますが、その分ベッドにもよりますがいくつかの収納スペースが存在します。特に下についている引き出しなどは衣服なども収納することが可能で、大変使い勝手が良く便利だと言えます。

畳の利点

では次に畳の利点を考えてみたいと思います。畳にもいくつかの利点がありますが、その中でも特に大きな利点であるのが空気の清浄効果です。
畳には二酸化窒素を吸着する効果があるといわれており、この二酸化窒素が人体にとっては有害な物質の一つなのです。事実、畳のある部屋は畳のない部屋に比べて二酸化窒素の量が少なかったという実験結果もあるほどで、畳は天然の空気清浄機であるといえるのです。
これらの利点が畳ベッドでは一度に得ることが可能です。また、最近増えつつある洋風のフローリングばかりの家でもこの畳ベッドは忘れかけていた感触を思い出させてくれることでしょう。畳は好きだけど触れる場所がないという人は寝具にこの畳ベッドを取り入れ、日々、畳と触れ合ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク